聖ルカ幼稚園
概要
保育理念
園の特色
年間行事
一日の流れ
入園案内 バスエリア
お問い合わせ アクセスマップ
未就園児 ふれあい広場
施設案内
WEBアルバム
口こみQ&A
トップへ
口こみQ&A
 
よくあるご質問
お弁当と給食はどうなっていますか?
週に3回お弁当、2回が給食となっております。(火木金:お弁当・月水:給食)
お家の人が作ってくれた愛情たっぷりのお弁当、お友だちと「おいしいね」と同じ気持ちで食べられる給食、どちらも大切にしながら、食べる楽しさを日々味わっていきたいと思っています。
あずかり保育はありますか?
あります。午後1:30〜午後7:00までとなっています。
専任の教師と安全な環境で思いきりあそぶ時間、ゆったりと過ごす時間を提供しております。早朝のあずかり保育についてはご相談ください。
オムツがまだはずれていないのですが、入園できますか?
大丈夫です。保護者の方と連絡をとりながら、一人ひとりのペースに合わせて援助を行います。
入園してからも、一人ひとりの発達段階に合わせて、トイレや着替えの仕方などを身につけていきます。あせらずその子のペースを見守って・・・という余裕があれば、いつのまにかできるようになりますよ。
日本聖公会とは・・・?   日本聖公会ホームページ
英国教会が、16世紀ローマ教皇の支配から脱して独立したもので、聖公会というのは1つの聖なる公的/使徒教会というキリスト教会共通の教義からきています。プロテスタント的なものとカトリック的なものを併せ持ち、中間的橋渡しの教会といわれています。
関連施設には立教大学、聖路加病院、エリザベスサンダーホームなどがあります。仙台市には姉妹園として聖クリストファ幼稚園(小松島)があり、東北には16の幼稚園があります。教会は、西の平聖パウロミッション、仙台基督教会、聖フランシス教会、聖ペテロ伝道所があり、東北には26の教会が点在していて交流を深めています。
保護者の声
聖ルカ幼稚園に入園してよかったなぁと感じるのはどんなときですか?
迎えにいくとたくさんの子どもに「あっ、○○くんのお母さんだ」と声を掛けられます。子ども同士はもちろん、そしてお母さんと子どもが皆、顔も名前も知っていて声をかけられる、そんな時が大好きです。
自然と触れ合い、そこにある物で工作をしたり、皆で育てた食物で、料理をしてその喜びを味わえるところ。
少人数なので先生が子どもたちのことをよく見ていてくれるところ。
聖ルカ幼稚園のいいところを教えてください。
雰囲気がとてもよい。あたたかい感じ、手作り感も好きです。
先生方になんでも話ができる雰囲気がある。
命の大切さ、一人ひとりの個性と可能性を大事にしてくれるところ。
担任に関係なく、先生全員が子どもの名前を覚えて親に会えば今日の様子などを教えてくれるところ。
預かり保育の料金が安いこと。
卒園してもつながりがあり心のよりどころとなっているところ。
たてわり保育のよさを感じるのはどんな時ですか?
家ではなかなか身につかない、年上の子どもにお世話されるうれしさ。
年下の子をお世話する喜びを感じているわが子を見るとき。
年少さんの時には年長のお姉さんたちに助けられて、年長になった今、自然に小さい子に手をかせるようになりました。
自分より年下でわからない友達がいたら、お世話をしてあげたい、何かしてあげたいという気持ちを育て、心のつながりを育ててもらっているなぁと感じるとき。
好きな行事はなんですか?
母の日、父の日・・小さな小さな手で、一生懸命作ってくれた作品は今も宝ものです。
運動会・・聖ルカらしい運動会で、自分の子だけでなくみんなの成長に涙がでそうになります。
収穫の行事・・にんじん、いもほり、りんごなど自然に触れ収穫の喜びを沢山経験できる事は貴重だと思う。帰宅後一緒に収穫物を味わうのもよい。
クリスマス・・あたたかい気持ちになれ子どもたちの中に聖なる姿をかんじられるから。
キリスト教の幼稚園でよかったことや、エピソードがあれば教えてください。
今の時代に忘れがちな「感謝する心」を養ってくれると思います。
礼拝の時間を毎日日常で持つ事で、話を聞く、心を落ち着かせる、落ち着いて座る習慣が自然と身についていると思う。
やはりクリスマスは心がきれいになりますよー。とてもステキです。
お祈りをしている姿に感動。お友だちがかぜをひいている時や私が体調悪いときなど「天のお父さま・・・」とお祈りしてくれたりします。キリスト教に縁のなかった私たちも心洗われる気持ちになります。
人を思いやる気持ちが育っていくのを見るのは、とてもうれしいです。
  copyright © 2006 St.ruka kindergarten All rights reserved.