聖ルカ幼稚園WEBアルバム

豆まき 2009年 2月 3日

♪おにはそと ふくはうち 

この声が聞こえてくると節分の季節ですね。

今年は各年齢でおもしろいオニのお面をつくりました。

年少のばら組さんと満3歳のもも組さんは牛乳パックに色んな色の画用紙をちぎりカラフルなオニを作りました。
オニ作り3.jpg


年中のひまわり組さんは風船に新聞紙を貼っていき「はりこ」のお面を作りました。角も考えて作りました。風船を吊るして作る様子はおもしろかったです。オニ作り2.jpg


年長のゆり組さんはボックスティッシュの空き箱や紙、毛糸などを使って工夫して作りました。表情がそれぞれとても豊かでおもしろかったです。
オニ作り1.jpg







作ったオニのお面を付けてスタンバイです。
節分の話を聞いて心の中にいるいばりんぼオニや泣き虫オニも追い出します。
豆まき2.jpg

そして豆まきです。おにはそと〜ふくはうち〜の元気な掛け声と共に
豆をまきます。豆まき3.jpg








お面がお気に入りの子ども達は、はずしたくない様子です。
帰るときは「お面を付けてお母さんをビックリさせるんだ」と言ってつけて行く子も。おうちでも使ってくださいね。

雪遊び  2009年 2月 2日

「土曜日はすごく雪が降ったから…」
バスで登園してくる子ども達は、幼稚園が近くなり、隣の公園を通る時に
公園をジーっと見ています。すると。

「やっぱり!もう、遊んでる!」
徒歩登園のお友だちがもう遊んでいます。

隣の公園にはスロープがあってそこに降った雪を集めて
「そり場」が完成です。

雪遊び1.jpgそりを持っていってそこから滑ります。
ひとりで乗ったり、2人乗り、3人乗りができるそりもあります。

登園してきた子どもたちが次々に公園に集まってきます。
そりは大人気です。長蛇の列ができました。
雪遊び3.jpg

陽射しは暖かいけれど風はちょっと寒かったけれど子ども達は汗をかくほどに
雪遊びを満喫しています。

雪合戦をする子、雪だるまを作る子、そして土曜日に雪が降って、日曜日に天気がよかったので溶けたのでしょう。溶けたところがまた朝の寒さで凍ったのです。なので公園の中に大きなスケートリンクができました。
雪遊び2.jpg氷の上をつるつるっと滑って楽しむ子もいれば、くるっと回ってみる子。思い思いに楽しんでいました。
氷で滑って転んでも、「きゃははは」と笑いあう子ども達。





今年度、なかなか雪が降らずに雪遊びを満喫していなかった子ども達。
朝、登園してからお昼までたっぷり遊びました。

お昼を食べてる子どもたちがあたたかそうな陽射しを見て
「おひさまがんばらないで〜!!雪が溶けちゃう。」


また、雪が降ったらたくさん遊ぼうね。

2009年 1月 30日 コンサート

子どもたちに本物の音楽を聴かせたい。ということで幼稚園で
バイオリンとピアノのプロの方をお呼びしてコンサートを開きました。

バイオリンは 小池まどかさん  ピアノは  山元陽子さん です。

ピアノは聴いたことがあっても、バイオリンは見るのも初めての子どもも
いました。

女の子たちは「うわぁ〜ドレスきれい」との反応。

コンサート1.jpgはじまると子ども達はジッと演奏している二人に釘付けです。聴いた事ある曲、聴いた事なくても思わず体が動いてしまうようなリズミカルな楽しい曲で子ども達はニコニコして聴いていました。

バイオリンの演奏方法が色々あることを教えてもらったり、弦や弓のクイズがあったりと楽器の事も教えてもらいました。


コンサート3.jpg
最後には「さんぽ」「友だちになるために」のみんなで歌える2曲も演奏してくれました。いつもとは違う演奏にあわせて歌う子ども達は気持ちよさそうでした。

質問コーナーの後感謝の花束を渡しました。
コンサート2.jpg






御父兄の方や、未就園児のお友だち、近所の方など多くの方が聴きにきてくださりとてもうれしかったです。


なかなかバイオリンやピアノの演奏を生で聴く機会がない子ども達、本当に近くで生の音を聴く事ができ、普段は見ることのできないような反応や予想以上に集中して聞き入っている様子に私達も新たな発見でした。
これからもこの様な機会が持てるといいなとおもいます。

最後に演奏してくださった、小池まどかさん、山元陽子さんありがとうございました。

このページの一番上へ


  copyright © 2006 St.ruka kindergarten All rights reserved.  
聖ルカ幼稚園TOPへ 聖ルカ幼稚園WEBアルバム