聖ルカ幼稚園WEBアルバム

2013年 5月 ふきを食べよう

5月も半ばになり、だんだん暖かい日が多くなってきました。
今日はお天気がいいから、お外でたくさん遊ぼう。
裸足でどろんこ気持ちいいね!
外遊び1.jpg
外遊び2.jpg







そういえば、幼稚園の中庭にあるふきが大きくなってきたね。
みんなで収穫しよう。外靴を持って中庭へ。
「おおきいね」「トトロのはっぱみたい!」
収穫1.jpg
収穫2.jpg










さっそくのぞみのお部屋の前でお料理スタート。
まずはしっかりお水でキレイに洗って、ぐつぐつお鍋で煮ます。
洗う1.jpg
鍋1.jpg









その後はふきのすじを取ります。
端っこから線が入ってる所を爪でピーッとひっぱります。
「とれた!」「おもしろーい!」

すじとり1.jpg







ふきを食べやすい大きさに切ったらお鍋におしょうゆ、砂糖を入れて味付けします。
ふきがこげないようによくかきまぜてね。
おいしい匂いがだんだん広がり「なにつくってるの?」「わたしもやりたい!」と見に来る子も。
煮る1.jpg
煮る2.jpg
煮る3.jpg









おいしくできたふきの煮物はお弁当の時においしくいただきました。
畑のお野菜をお料理するのもたのしみだね。

2013年 5月12日 母の日

♪おかあさん なあに? おかあさんって いいにおい〜

子どもたちのやさしい歌声が聞こえてきます。
5月には『母の日』っていう日があるんだよ。
おいしいお弁当作ってくれたり、どろんこのお洋服を洗濯してくれたり、いつもみんなのことを考えてお仕事してくれているお母さんに「ありがとう」をしよう。
子どもたちは母の日に向けてプレゼントを作ったり、お歌を練習したり、楽しみにしながら過ごしていました。

カード1.jpg
カード2.jpg








当日はお母さんやお家の人たちが見守る中、静かな気持ちで礼拝がはじまりました。
上手にできるようになってきたお祈り、お母さんに見てもらえてよかったね。
礼拝.jpg






礼拝の後、子どもたちはお部屋に戻ってナイショの準備、お母さんたちは講演の時間になりました。
今年の講演は、宮城県立こども病院 理事長・院長の林 富先生に
「子どもの医療における宮城県立こども病院の役割」というテーマでお話ししていただきました。

講演1.jpg
講演2.jpg







こども病院のお話を中心にインフルエンザや風疹など感染病の話やアレルギーの話、発達障害の話など身近で関心のあるテーマでした。やわらかい雰囲気でお話してくださる富先生に、お母さんたちもゆったりと聞いていました。最後は東日本大震災の3月11日に生まれた赤ちゃんたちの映像を見せていただき、命の尊さ、大切さに涙を流すお母さんもいました。

プレゼント1.jpg
プレゼント2.jpg









講演の後は子どもたちがお母さんへのプレゼントを持って再入場です。
ゆり組のお友だちにプレゼントの紹介をしてもらいました。今年のプレゼントはカーネーションのマグネット。自分で布を選んで、ボンドでペタペタ上手に貼りました。
クラスごと順番にお母さんの所へ移動します。早くお母さんに渡したくてうずうずしている子、「まだナイショだよー」と後ろに隠している子、様々です。
お母さんに「ありがとう」の気持ちを込めて、プレゼントを渡しました。


プレゼント3.jpg
プレゼント4.jpg
プレゼント5.jpg









この日までみんなで準備してきた『ナイショ』。
お母さんの嬉しい顔、みんなも嬉しかったね。
いつもありがとう、おかあさん。

このページの一番上へ


  copyright © 2006 St.ruka kindergarten All rights reserved.  
聖ルカ幼稚園TOPへ 聖ルカ幼稚園WEBアルバム