聖ルカ幼稚園WEBアルバム

お米 2011年

東北放送のウォッチン!みやぎのウォッチン!ファームからお米の苗をいただきました。
お米の収穫を夢見て、幼稚園の園庭の、小さな小さなバケツ田んぼで育てました。

米苗.jpg
5月、苗植え。
まだ、小さな苗たち。

青稲.jpg
夏、だんだん伸びてきました。
力強く育っています。



稲穂.jpg
秋、金色に色づいた稲穂。
重そうに頭を垂れています。
小さなお米の一粒一粒がなんだかかわいく見えて、うれしい実り。

刈り取り.jpg
鎌を使って、刈り取り。




稲干す.jpg
軒下に干します。


すずめよけ.jpg
大切なお米をスズメさんから守るため、ちょっとひと工夫。
スズメさんは、きっとキラキラが嫌いなはず。
鈴もつけよう。



稲穂ふむふむ.jpg
お米って、こうやってできるんだ。
いつも食べているごはんの別の姿をまじまじ確認。


脱穀.jpg
お茶碗を使って、稲からお米を外します。




ボールで脱穀.jpg
野球ボールとすり鉢を使って、籾殻を外します。
すりすりすり…



籾殻飛ばし.jpg
細かい籾殻を団扇を使って扇いだり、ふーっとひと吹きしたりして飛ばします。
だんだんコツがつかめてきて、お米は飛ばさないけど、籾殻だけを飛ばせる“ふー”ができるようになった子どもたち。
白くなった.jpg
「わ〜、だんだん白くなってきたよ」




瓶精米.jpg
今度は、瓶に入れて棒でつきます。
そうすると、糠がとれてお米がだんだん白くなってきます。
やっと、食べられる玄米になりました。



炊飯.jpg
苗から半年かけて育てて、精米したお米。
“2合分”
お米を砥いで、炊きます。

食べる.jpg
一口ずつみんなで食べました。
「もちもちしておいしいね。」
「なんだか、あまい味がする。」



毎日食べているおいしいお米。
一粒のお米を育てて、食べられるようになるには一年の時間が必要。
これからも日毎の糧を感謝して、いただくことができますように。

ポップコーン 2011年10月6日

5月に植えたポップコーンとうもろこしの苗がすくすく育ち、山吹色の実をつけました。
そろそろ収穫できるかなぁ

ぎゅっ.jpg
苗時代
こんなに小っちゃかったのに立派に大きくなりました。


ポップコーン干す.jpg
収穫したとうもろこしの皮をむいて干します。
ポップコーンになるには、まだちょっと早いね。
よく乾いたら、ポップコーンを作れるよ。


ポップコーンほぐす.jpg
2週間くらい干して、そろそろいい具合かなぁ。
一粒一粒実をほぐします。
カラン…ポロン…、ボールに落ちるときに楽しい音がするね。

なぜかチョコレートのにおいがする芯。
                 「チョコレートのにおい〜♪」とみんなでくんくん…。

ポップコーンはじける.jpg
フライパンに油をしいて、実を入れて、ふたをします。
そして、火にかける!

しばらくすると…ポンッポンッといい音がしてきました。
そして、あっという間に膨らんで、ふたが持ち上がった!!



ポップコーンできた.jpg
こんなにたくさんできたよ。
お塩をぱらぱら〜
あつあつをみんなで食べよう。
                                 ポップコーン食べる.jpg


おいしいね〜
あったかくて、ふわふわだ。

このページの一番上へ


  copyright © 2006 St.ruka kindergarten All rights reserved.  
聖ルカ幼稚園TOPへ 聖ルカ幼稚園WEBアルバム